English Now! logo

English Now!

A Special Place To Learn English

「コミュニティーサービスとボランティア」

English

English Now!とコミュニティサービスパートナーであるワシントン国際教育センター(WCIE)は、年間を通してボランティア活動を企画しています。

私たちの目標は、ワシントンD.C.の国際社会と地域社会を結びつけ、人々を支援することです。ぜひ皆さんもご参加ください!

コミュニティサービス English Now!とWCIEは、ワシントンD.C.地域の外国人居住者の方々にボランティア活動に参加できる機会を提供しています。ボランティア活動では、現地の人々と出会い、英語で話し文化を超えて交流することができます。

中・高校生の学生ボランティア学習(SSL) WCIEは中・高校生がSSLクレジットを得られるようにするプログラムを提供しています。 SSL credit hoursは、メリーランド州の公立学校での高校卒業には必須であり、多くの私立学校でも推奨されています。 WCIEのSSLプログラムについては、こちらをご覧ください

コミュニティサービスウィーク 私たちは過去5年間、毎年、春と秋の2回、コミュニティサービスウィークを開催しています。コミュニティサービスウィークでは、色々な種類のボランティア活動を行っています。 2019年秋のコミュニティサービスウィークの活動のスケジュールについては、こちらをご覧ください


2020年春 コミュニティサービス月間


2020年春、世の中は今、世界的な困難に直面しており多くの人々が苦しんでいます。そこでEnglish Now!ではコミュニティサービスウィークではなく、コミュニティサービス月間を開催しています。


まず基本的なニーズである食料支援に焦点を当てています

コミュニティサービス月間では、まず基本的なニーズである食料支援に焦点を当てています。地域社会の多くの人々は、今回の騒動による経済的な影響で十分な食料が無くなっていくと考えられます。

この機会にぜひ「オンラインフードドライブ」への参加をご検討ください。私たちは2つの組織と提携しています。 これはインターネットを使って食料品の寄付ができます。オンラインで商品を購入しますと、これらの組織を介して、コミュニティ内の困っている人々に食糧などを直接届けれます。

September House MAJ は、素晴らしい組織であり、長期的なEnglish Now!とWCIEのパートナーです。私たちは世界的なパンデミックの影響を感じ始めたところです。September House MAJは中部大西洋地域に住む日本人の方々の日常生活をサポートしています。私たちはコミュニティに貢献するためにもっと多くのことをしていきたいと考えています。そしてあなたの助けが必要です。

September House MAJでは、困っている日本人家族に日本食を寄付できるAmazon Wishリストがあります。こちらをクリック:

https://www.amazon.com/hz/wishlist/ls/1ZJA4TNX9M2KF?ref_=wl_share

このリストから食品を購入すると、Amazonから自動的にSeptember House MAJへ送信します。

Bethesda Cares は、ベセスダとモンゴメリーカウンティのホームレスにサービスを提供する素晴らしい地元の組織です。Bethesda Caresは、ホームレスの人々の為に食糧を緊急に必要としています。下記のリストをクリックして下さい。購入された商品はBethesda Caresに自動的に発送されます Bethesda Cares: Maria Garcia Ripa, Operations Director, Bethesda Cares, 7728 Woodmont Avenue, Bethesda, MD 20814.

国立衛生研究所(NIH)のThe Children’s Innとは、長年にわたりコニティ・サービスのパートナーを務めてきました。NIHのThe Children’s Innは、病気の子供たちための小児科研究や臨床ケアを支援することで、子供たちとその家族をサポートしています。The Children's Innは子供たちがNIHで治療を受けている間、その子供達が「我が家のような場所」で家族と一緒に過ごすことができる場所を無料で提供しています。English Now!とWCIEは何年も前からThe Children’s Innを訪問して家族のために食事を提供するボランティアを行ってきました。今、この状況において訪問、活動をすることはできませんが、こちらのリンクからThe Children’s Innへアマゾンのウィッシュリストを通じて品物を寄付することができます。

コミュニティのウェル・ビーング

English Now!とWCIEは、D.C.の国際的コミュニティの身体的・感情的なウェルビーイングを支援するために、いくつかの方法を提供しています。

まず、ウェルビーイングに関する小グループの公開ディスカッションに参加し、COVID-19が情緒的なウェルビーイングに与える影響について、オンラインで6月20日(土)の午前10時30分から午後12時まで、講師のブライス・ゴールドと一緒に考えてみませんか?これらのグループの目標は、セルフケアの戦略や利用可能なリソースについての認識を高めること、そしてCOVID-19特有のあなたの人生への影響の仕方について話せる支援的な空間を提供することです

あるいは、もっと深く掘り下げて、イェール大学のローリー・サントス教授によって開発されたオンラインクラスに参加してください(無料です!)。”The Science of Well-Being」は、English Now!のキャンパス向けCourseraプログラムで配信されています。このクラスはBBCの記事「A college course (the world) wants to study right now」でも取り上げられました。全世界で180万人以上がこのクラスを受講しています。詳細はこちらをご覧ください。ご質問、RSVP、ウェルビーイングプログラムの登録については、メールでお問い合わせください。

*ウェル・ビーングは身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念で、近年日本でも医療・福祉のみならず、産業分野でも注目されている概念です。

コミュニティサービス月間プログラム。 私たちは世界的なパンデミックの影響を感じ始めたところです。私たちはコミュニティに貢献するためにもっと多くのことをしていきたいと考えています。そしてあなたの助けが必要です。

下記に名前とメールアドレスを入力し送信てください。コミュニティサービスを提供するための追加プログラムについてメールでお知らせします。

コミュニティサービスに関心をお寄せいただき、ありがとうございます。私たちは、あなたと一緒にコミュニティに貢献することを楽しみにしています!